株式会社タチバナ

PROFILE

生産技術部品質管理室 係長

M .I

平成13年入社

工学部経営工学科卒業

MESSAGE

やればやるだけ奥が深く、習得することがいっぱいです。

 学生時代はインフラ整備関係に興味を持っており、その影響もありタチバナに入社しました。
タチバナは高速道路関系のシェアが高いのですが、鉄道(新幹線など)や空港分野などの新しいフィールドに挑戦できるところも魅力ですね。
品質管理は「受入検査」と「完成品検査」に分かれ、前者は協力工場から納品された製品が、図面通りにできているか寸法や構造等を図面と照合します。 後者は商品管理室で最終仕上げられた箇所の検査や仕様書通りの内容かどうか等のチェックが主となります。品質管理の面白さは図面では見えないけど、部品をセットした時や施工した時に、どのような障害が表われるかを想定するところでしょうか(経験の度合によって見えてくる内容にも違いは出てきますが…)。 経験年数からみればベテランと呼ばれるポジションかもしれませんが、品質管理の仕事はやればやるだけ幅も奥行も広がり、まだまだ習得することがいっぱいですね。
お客様の信頼を得るのも失うのも製品次第ですから、この仕事をさらに究めていきたいです。 また、タチバナは人を思いやる風土が強い会社ですので、この風土を後輩のメンバーに継承していくのも私の仕事だと思っています。

一覧へ戻る  次の社員へ