株式会社タチバナ

PROFILE

営業部

K .K

平成31年入社

観光学部観光経営学科卒業

MESSAGE

自分の営業活動を糧にどんどん
前向きになれるのがこの会社

 営業職として、主に鉄道事業に従事している工事会社を訪問し、工事案件の情報収集をはじめ価格交渉、納期打合、仕様打合を行っています。
情報収集を怠れば、工事全体に迷惑が掛かるためプレッシャーを感じることは少なくありません。そのため、如何に情報を早く集めることができるか、常に考えながら営業活動をしています。
入社後苦労したのは、製品知識を身につけるまでに時間がかかった点です。
部材一つとっても、様々な種類や業界単語があります。そのため、客先からの要望に対して具現化するために時間を要してしまい、スムーズな取引が出来なかったことがあります。
図面上で確認するのと実際に目で見た製品では全くイメージが異なりますが、会社倉庫には数多くの製品があり、研修内容も製品を用いた内容や、図面を基にした研修内容となっていることから充実していますので、必ず対応できるようになります。
現在の鉄道業界においては、既存製品の性能が高く、大きな事故も発生していないことから切り替えの必要性が薄く、新製品への切り替えのハードルは高い状況です。
しかし、既存製品よりも高性能な製品採用に対しては意欲的な姿勢もあるため、新製品開発と共にタチバナ製品の普及が今後の目標となります。タチバナ内では週に一度の開発会議が行われています。 そこでは、新製品開発の最前線に立つことや、自身の営業活動を通して感じたことから積極的に会社を動かすことができる点が非常に魅力的だと感じています。
今後入社される方には大きな夢や希望をもって臨んでもらいたいです。

一覧へ戻る